有価物買取

レントゲンフィルムの安心な処理

有価買取り

㈱Nネットでは保存期間を過ぎた医療用X線フィルムを大切な資源として取り扱います。

回収させていただいたX線フィルムは焼却・精錬を行い、銀インゴットとしてリサイクル致します。

また 、X線フィルムに付随するカルテにつきましても、リサイクル処理回収を承らせて頂きます。

お電話頂ければ、即日引取りに参ります。

○○○○○○○○イメージ

 

 


医療用X線フィルム買取・リサイクルのポイント

  • 最大のポイントは袋から出さなくてもOKです! 手間がいりません!
  • 少量から無制限(トン)まで医療用X線フィルムを買取回収。X線フィルムのサイズや大きさは問いません。
  • レントゲンフィルム(X線フィルム)は、銀の含有量に応じて有価物として評価、買取りさせて頂きます。

※ 無銀フィルム(富士フィルム製DI-ATシリーズ)は買取回収対象外です。

 

 

銀リサイクルの流れ

 フィルムは焼却・精錬を行い、高品位な銀インゴットに生まれ変わります。

○○○○○○○○イメージ

 

 

カルテ ・ 機密書類等 の リサイクル処理

○○○○○○○○イメージ

フィルムに付随するカルテにつきましても、一緒に回収を承らせていただきます。

保管期間の過ぎましたカルテや機密書類を古紙ではなく、情報としてお預かりし、適切な管理システムの下で溶解処理を致します

  • 搬出し易いダンボール箱に詰めて封印して下さい。引取に伺います。
  • ダンボール箱に入ったまま、セキュリティ管理の下、溶解処理されます。
  • 紙の原料とならない製品に影響を及す以下の物(禁忌品は混入しない様ご注意願います。

禁忌品 = ビニール加工紙・写真・合成紙・フィルム・発砲スチロール・プラスチック等

処理後には、 『溶解処理証明書』 を発行いたします。

個人情報・機密情報を守ります

レントゲンフィルム(X線フィルム)には、厳密な管理が求められている機微な個人情報が多く含まれています。万が一、これらの情報が漏洩した場合、社会的な信用の失墜など大きな影響を受けることになります。

  • Nネットは、細心の注意を払ってこれらの品物を取り扱い、適正に処理致します。
  • また、機密情報が含まれる工業用X線フィルムについても、個人情報を扱う際と同じ基準で作業に当たり、確実に処分致します。
  • お預かりしたフィルムを適切に処理することで、お客様が本業に専念できる環境作りをサポートさせて頂きます。

 

良くあるご質問

レントゲンフィルムは、封筒と分ける必要はありますか?

分別の必要はございません。専門スタッフが紙とフィルムの分別を行っています。

分別したカルテなどにつきましても、患者様の情報漏洩が無いように確実に処分させて頂きます。

レントゲンやカルテ等の医療記録の保管期間はどれくらいですか?

レントゲンは、保険医療機関及び保険医療養担当規則 第9条により、3年間保存、カルテは、医師法 第24条 第2項 により診療録とし、
5年間保存となっています。(平成26年版)

マニフェストは必要ですか?

有価物として当社は買取致します。

有価物として売却されると廃棄物扱いとならないため、マニフェストは必要ありません。

レントゲンフィルムの買取価格をなぜホームページに掲載していないのですか?

お預かりするレントゲンフィルムの銀含有量と、お取引時の貴金属相場状況により買取額は変動致しますので、掲載しておりません。

詳しくは、営業担当者にお尋ねください。

レントゲンフィルムの定着液も回収してくれますか?

廃液として回収・処分させて頂きます。

産業廃棄物として取り扱いますので、契約書が必要となります。マニフェストも発行致します。

個人で保管しているレントゲンフィルムも処分可能ですか?(法人でなくても処分可能ですか?)

法人に限らず、個人で保管されているレントゲンフィルム処分も承ります。また、倉庫などに保管されている、多量のレントゲンフィルムも処分させて頂きますので、多少に関わらずお気兼ねなく、お申し付けください。(キロからトンまで)